夜間飛行

朝焼けや夕陽、夜景などは

夜間飛行

のライセンスが必要となります。
また国土交通省の許可申請内容に「夜間飛行」を入れていないと飛行はできません。

ライセンス保持者でも目視内での飛行のみで目視外は個別に一括申請での許可が必要になります。

日の出日没前後は微妙ですが明るくても日の出時刻や日没時刻に入らなければ「夜間飛行」となります。

ルールを守っていくことがこれからのドローン業界の健全維持につながります